国連の試算では、SDGs達成には毎年約2兆5000億ドルが不足していると言われ、一方で新たに12兆ドルの市場を生み出すとも言われている。この新たな市場の開拓には、公的資金だけではなく民間資金が必要であり、そのために企業がESG投資に対応するSDGs経営に舵を切るだけでなく科学技術とのコラボレーションは不可欠である。そこで、「日本の若手研究者の活躍に向けた科学技術 × 政策決定 × 資金調達」のスキルや「研究の社会実装のためプロジェクト・マネジメント」など、具体的に必要な機能を備えていく必要があることを、登壇者が会場を巻き込みながら対面的に議論を行う。

登壇者

ペドロ・コンセイソン 国連開発計画(UNDP)人間開発報告室長
狩野 光伸 岡山大学副理事、外務大臣次席科学技術顧問

モデレーター

藤田 香 日経ESG 兼 日経ESG経営フォーラムプロデューサー