The recent frequency of natural disasters and epidemics is testing the international scientific community like never before. The COVID-19 crisis in particular has had a major influence on economies, cultures, education systems, and daily lives worldwide.
In this session, young researchers from various fields will share their attempts to tackle COVID-19 – including vaccines and drugs, cleanup and prevention methods, and more. Funding agencies will join the researchers to discuss how we can cooperate across disciplines and national borders to respond to the current crisis and prepare for future ones. Together we will explore how cooperative science, technology and innovation can make a more resilient society for all.

度重なる自然災害や疫病の危機にある中、改めて科学の力や国際社会が試されている。特にCOVID-19は世界規模で長期にわたり蔓延し政治経済から教育、文化、日々の生活まで大きな影響を及ぼしている。
本セッションでは、コロナ禍にある課題を解決すべく、ワクチン・治療薬開発の他、検査や除菌、人々を護る方法など、様々な分野で研究を進めている若手研究者が取り組みを共有する。分野や国境を超えどう協力して今の危機に対応し、また来たるべき危機にどう備えていくか、研究支援機関も加わり議論する。科学技術を駆使しながら、危機に強い社会を作っていくために必要な研究開発のあり方を模索する。