In this session, we will discuss how the RIKEN BioResource Research Center (BRC) can contribute to health, medical care, and social systems in a longevity society from various viewpoints while also considering Society 5.0 and SDGs. Firstly, the director of BRC will give a keynote speech introducing BRC and its international collaborations. Secondly, experts of life sciences will give a lecture on their cutting-edge research activities using experimental mouse and cell lines of human and animal origin, which aim to solve health and medical challenges in a longevity society.

Lectures & Speakers

Toshihiko Shiroishi, Ph.D Director, RIKEN BRC
"Contribution of RIKEN BRC to promotion of biomedical research"
Junichi Tanaka, Ph.D Showa University, School of Dentistry, Lecturer
"Generation of 3D salivary gland organoids derived from self-organization of mouse embryonic stem cells"
Kenya Honda, M.D, Ph.D Keio University, School of Medicine, Professor
"Mining the microbiota for microbial-based immunotherapies using gnotobiotes"
Yohei Hayashi, Ph.D RIKEN BRC, iPS Advanced Characterization and Development Team, Team Leader
"Disease-focused Researches using Patient-specific iPS Cells Banked in RIKEN Cell Bank"

このセッションでは、Society 5.0とSDGsを見据えた長寿社会における健康、医療、社会システムについて、理研バイオリソース研究センターが貢献できることについていろいろな視点から議論する。セッションのはじめに、理研バイオリソース研究センターにおける概要をセンター長が基調講演で説明する。続いて長寿社会における健康・医療などの諸問題解決のための実験動物マウス、ヒト・動物細胞を用いた研究の最前線や国際協力について有識者の講演を行う。

講演・登壇者

城石 俊彦 理研BRC、センター長
講演タイトル:『生命医学研究における理研BRCの貢献』
田中 準一 昭和大学歯学部口腔病態診断科学講座口腔病理学部門、講師
講演タイトル:『自己組織化によるマウスES細胞由来3次元唾液腺オルガノイドの誘導』
本田 賢也 慶応大学医学部微生物学・免疫学教室、教授
講演タイトル:『ノトバイオートを使った免疫治療に有用な細菌の探索』
林 洋平 理研BRC、iPS細胞高次特性解析開発チーム、チームリーダー
講演タイトル:『理研細胞バンクに寄託された患者特異的iPS細胞を用いた疾患研究』