In Japan, following the implementation of the Climate Change Adaptation Act in December 2018, various efforts to advance regional adaptation measures have initiated. As the effects of climate change differ greatly depending on the local conditions, it is essential to enhance collaboration between local people and experts to develop effective measures based on scientific knowledge such as understanding of the current situation and future forecasts. In order to accelerate climate change adaptation measures, this session will discuss the way of stakeholder collaboration and how to expand the knowledge obtained in one region to other regions.

日本では2018年12月の気候変動適応法の施行に伴い、地域での適応策を進めるための様々な取組が動き始めたところである。気候変動の影響は地域の状況により大きく異なる一方、対策の検討には現状の把握や将来予測など一定の科学的知見が必要となる部分もあり、地域に住む人々と専門家の連携が鍵となっている。本セッションでは、地域での気候変動による影響への対応を活性化していくための取組に着目し、関係者の連携のあり方、ある地域で得られた知見をどのように他地域に展開し活用につなげていくかといった事項について議論を行う。

基調講演

Dr. Amy Luers Executive Director, Future Earth

講演・登壇者

須藤 大地 環境省気候変動適応室・係員
岡 和孝 国立環境研究所気候変動適応センター・主任研究員
塩竈 秀夫 国立環境研究所地球環境研究センター・気候変動リスク評価研究室室長
戸川 卓哉 国立環境研究所福島支部・主任研究員
Brian Johnson 地球環境戦略研究機関(IGES)・Research Manager)

キーワード

climate change, adaptation, stakeholder dialogue, community-based approach