South and Southeast Asia is one of the major agricultural hubs of the world, facing challenges to feed the fast-growing population. Unpredictable climate change, land use crisis, soil quality degradation, frequent disasters related to water, labor shortages, and adaptation behavior are the major problems to maintain the optimum yield production. To solve the crisis, a transboundary approaches including IoT and AI are required to initiate in the field of agricultural machinery for addressing labor shortages, supply-chain logistics to minimize post-harvest losses, early warning to reduce damages in disaster and yield prediction for inventory planning to drive the sustainability goal for feeding the major part of 9 billion population by 2050 (Society 5.0 SDG 1 &2). The aim of the session is to focus on the recent achievements, challenges and future research direction of IoT and AI in agriculture to ensure food security, environmental and energy security for taking into account for climate change, disasters prevention, and smart adaptive technologies to reduce labor shortages in agriculture for the South and Southeast Asia (Globally SDG 13).

南アジアと東南アジアは、世界の主要な食料生産拠点である一方で、経済の急成長による人口増加、食料増産の課題に直面している。予測不可能な気候変動、農業のための土地利用の危機的状況、土壌性質の悪化、頻繁な水害、労働力不足、適応行動の欠如が、十分な収量を維持するための食料生産において、大きな課題となっている。2050年までに90億人の人口を養うための持続可能性の目標を推進(Society 5.0 SDG 1&2)の観点からも、これらの危機的課題を解決するためには、国境を越えたIoTとAIによる農業への技術的アプローチは、 労働力不足や収穫後の損失を最小限に抑えるためのサプライチェーンロジスティクス、災害による損失を軽減するための早期警戒システム、食料在庫計画のための収穫量予測への取り組みが必要となる。本セッションの目的は、南アジアと東南アジアにおける食料不足への対応(SDG 13)に対して、農業におけるIoTとAIを応用した食料生産に関する成果や課題、将来の研究の方向性に焦点を絞り、気候変動を考慮した食料安全保障、環境とエネルギーの確保、災害防止、および労働力不足を補うためのスマート適応技術について議論を行うことにある。