Whether humans can be in control of Society 5.0 based on technologies such as artificial intelligence and robotics or the other way around cannot be fully understood without social sciences such as politics and economics. This session sheds light on the international dimension of how humans deal with technology. More specifically, with its main focus on how nations compete for technological hegemony and implications for individual freedom and international order, this session will highlight Sino-American virtual and trade war for 5G, China's techno-diplomatic competition with Taiwan across the Taiwan Straits as well as Latin America, historical lessons from the US-Japan trade war in the 1980s, the role of social media in disputed regions such as Kashmir between China, India, and Pakistan, and the prospects of post-Western world order.

人間がAIやロボット工学といったソサエティ5.0を支える技術に支配されることになるのか、又は逆にそれらの技術を支配することになるのかといった問題は、政治学や経済学といった社会科学を抜きに充分に理解することはできない。本セッションでは、人間が技術とどう向き合うかについての国際的側面に光を当てる。より具体的には、国家間の技術の主導権争いがどのように個人の自由そして国際秩序へ影響を及ぼすかをメインテーマに、米中の5Gを巡るバーチャル・貿易戦争、中国と台湾が台湾海峡および中南米で展開する技術・外交の攻防、1980年代の日米貿易戦争からの教訓、中国・インド・パキスタンの間の紛争地域(カシミール地方)におけるソーシャルメディアの役割、そしてポスト西洋の国際秩序を展望する。