The Joint Master's program in IDPS carried out its main session of 2018 TGSW called "Action to SDGs through Sport".
On this occasion, the organizer focused on Environmental issues (mainly goals 12: Production/Consumption & 15: Land Resource) in SDGs.
It introduced recent case studies such as "Sport stadium construction in accord with nature" and "Recycling of garbage appearing in sport games" as foreign cases, and "environmental action of high school sport club" as a domestic case.
It aimed to raise the participants understanding of climate change and non-waste action in sport through an open discussion with guest speakers.

スポーツ国際開発学共同専攻では、2018TGSWでも【スポーツを通じたSDGsへの取り組み】と題してメインセッションを企画した。今回はより具体的に、SDGsの中でも【環境問題】(主にゴール12番:生産・消費や、15番:陸上資源)に焦点を当てる。「自然と調和したスポーツスタジアム建設」や「試合で出るゴミのリサイクル」など、海外での環境保全に対する最新事例を紹介する。また国外のみならず、環境問題について国内の高校生が運動系部活動を通じて取り組む様子についても紹介する。講演者が公開討論に参加し、スポーツを通じた環境問題への取り組みの可能性について多面的な意見を出して頂くことで、一般参加者の理解向上を目指したい。