In modern society, diversification, complication, and borderlessization are progressing rapidly. When thinking Society 5.0 and SDGs, it is the most important issue to understand various people and to maintain appropriate relationship.

These days, the idea based on a social model that regards the developmental disabilities as "neurodiversity" has developed. In this session, young researchers conducting pioneering practice and research for people with diverse developmental characteristics discuss the future toward the realization of society to bridge basic research, social contribution activities and business seamlessly.

現代社会は、急速に多様化・複雑化・ボーダーレス化が進んでおり、Society 5.0とSDGsを見据えた時に、多様な他者を理解し、適切な関係性(社会性)を維持できる社会を実現することが最重要課題である。最近では、発達障害に関しては従来の医学モデルに基づく考え方から、発達特性を「神経多様性(ニューロダイバーシティ)」と捉える社会モデルに基づく考え方が欧米を中心に展開してきている。本セッションでは、発達障害をメインテーマに多様な発達特性を有する人々に関する先駆的な実践・研究を行っている若手研究者等を招き、基礎研究と社会貢献活動、ビジネスをシームレスに橋渡し、多様性が活きる社会の実現に向けた未来について議論する。