A global networking system for medicine has high potential to be a new solution for overcoming health disparities within/between different countries. Through this session, we will introduce the idea of a global networking system in medicine followed by presentations from specialists in medicine, economics, and global health. There will also be a panel discussion on the advantages and challenges of global networking.
We introduce a collaborative telemedicine project for proton therapy organized between the University of Tsukuba Hospital and Hospital Santa Cruz, Brazil. We will be asking the question can we overcome geographical distance through high technology and human networking for better medicine?

  • Seminar@ Hospital SANTA CRUZ
  • Alianca Coffee Plantation, Sao Pauro, BRAZIL

日本では最先端の医療技術を駆使して様々な疾患の治療が可能である。しかし、国内でも医療水準の地域格差が存在し、世界に目を向けると多くの国・地域では、治療機器や医師の不足から高水準の医療が受けられない実状が存在している。本セッションでは、医療の地域格差を解消するためのグローバル・ネットワーク構築の可能性、加えてその意義ならびに必要性について検討する。

本セッションでは、具体例の一つとして陽子線治療を取り上げ、医学・経済学そして国際協力の観点から討論を行う。現在、筑波大学附属病院ではブラジル・サンタクルス病院から若手医師を招聘して陽子線治療に関する研修・共同研究を行っている。地理的にはもっとも遠い日本-ブラジルでのネットワーク構築には何が必要なのかについて、多角的視点に立って討論する。

  • サンタクルス病院でのセミナー
  • ブラジル・サンパウロ州・アリアンサ農園