Given a situation that many global issues are taking place, COVID-19 triggered many changes in society, and a new vision for the future is necessary. In order to consider the role of science in a future society, the Japan Science and Technology Agency (JST) launched the Moonshot R&D - MILLENNIA Program from January to July 2021. 21 teams discussed the vision for 2050 and examined the role of science and technology to realise the vision. In this session, four teams of the program share the result of the research project and discuss the vision for 2050 from many perspectives including science and technology, natural science, social science, and art.

For registration, click here, and choose "S-2."

Contact : akiyama.hajime.u.tsukuba(%)gmail.com Replace (%) with @.

Organised by University of Tsukuba
Cooperated by Faculty of Humanities and Social Science, University of Tsukuba; Microbiology Research Center for Sustainability, University of Tsukuba; Team Post-Anthropocene
Supported by Japan Science and Technology Agency (JST); Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA); JST-ERATO NOMURA Microbial Community Control Project; Institute for Comparative Research in Human and Social Science, University of Tsukuba
Organisers : Hajime Akiyama, Shun-ichi Urayama
Staff: Kosuke Sato (Third Year Student, College of Social Sciences, School of Social and International Studies, University of Tsukuba)

様々な地球規模課題が発生する中、新型コロナウイルスは社会に大きな影響を与え、新たな社会像の構想が求められています。新たな社会における科学技術のあり方を検討するため、科学技術振興機構(JST)は、ムーンショット・ミレニア・プログラムを2021年1月から7月にかけて実施しました。若手の研究者、芸術家を中心とする21チームが2050年の社会像を検討し、その実現のために科学技術の果たす役割を検討しました。本セッションでは、そのうちの4つのチームの調査研究結果を共有し、科学技術、自然科学、社会科学、芸術などの多様な視点から2050年の社会像について議論します。

ご参加のためには、こちらより「S-2」を選択し、ご登録ください。

お問い合わせ先:akiyama.hajime.u.tsukuba(%)gmail.com (%)を@にご変更の上、ご送信ください。

主催:筑波大学
協力:筑波大学人文社会系、筑波大学 微生物サステイナビリティ研究センター、チーム ポスト・アントロポセン
後援:科学技術振興機構、宇宙航空開発研究機構、ERATO 野村集団微生物制御プロジェクト、筑波大学 人文社会国際比較研究機構
オーガナイザー:秋山肇・浦山俊一
スタッフ:佐藤公亮(筑波大学 社会・国際学群 社会学類3年)