About

筑波会議について

つくば国際会議場

In July 2017, the Tsukuba Conference Organizing Council decided to create a new forum for future shapers—talented young leaders from industry, government and academia worldwide—, and named it “Tsukuba Conference.”

The purpose of the Tsukuba Conference is to bring together future shapers beyond all borders to facilitate discussion among them. It provides them with the opportunity to express their vision of the future and to meet their collaborators.

Tsukuba Science City is the venue for this new forum. It is home to a few hundred research institutes and has more than twenty thousand researchers.

At the first Tsukuba Conference in October 2019, 50 sessions were held under the main subject of “How do science, technology and innovation contribute to achieving Society 5.0 and SDGs?”
For further information about Tsukuba Conference 2019, please click here.

目的

筑波会議の目的は、筑波研究学園都市に、世界から産官学の優秀な若手を中心とする人材を集め、「社会と科学技術」の諸課題について議論を深める機会を提供することです。彼らが未来のビジョンを語り、協働する仲間に出会う場の形成を目指しています。

参加対象者

主に若手(原則として40歳代まで)の研究者(学生を含む)、技術者、起業家、投資家、社会起業家、ジャーナリスト、官公庁・国際機関職員、その他各分野で活躍する者

筑波会議2021の概要

メインテーマ

Inclusive Innovation for the New Normal

日程と会場

オンライン開催 :9月21日(火)〜9月27日(月)
ハイブリット開催:9月28日(火)〜9月30日(木)

参加費無料


2019年10月に開催された第1回の筑波会議では、「Society5.0とSDGsを見据えた目指すべき社会の 在り方とその実現に向けて取り組むべき課題」をメインテーマに掲げ、50のセッションを実施しました。
筑波会議2019について、詳しくはこちらをご覧ください

トップページへ戻る