About

筑波会議について

つくば国際会議場

Tsukuba Conference is designed for young researchers, entrepreneurs and other young experts in various fields to share their ideas to enhance a deeper understanding of the future of science and technology, and on the wide range of challenges and solutions that science and technology can generate in relation to the global society.

By bringing together approximately five hundred future leaders from all over the globe to Tsukuba Science City, Tsukuba Conference will provide them a platform to discuss and debate issues, to put together action plans and proposals in the course of their discussions, and to reach out to the global community.

[Issues to be discussed]
  • Contribution by cutting-edge science and technology toglobal challenges in the context of Society 5.0 and SDGs
  • Health, medical and social systems in the context of Society 5.0 and SDGs
  • How and why we work in Society 5.0
  • How we promote diversity and inclusiveness in Society 5.0
  • Developing countries in the context of Society 5.0 and SDGs: Fighting with infectious diseases

筑波会議は、研究者や起業家、そして様々な分野で活躍する若手人材が一堂に会し、グローバル化した社会における科学技術の未来について深く考えるとともに、社会が抱える課題、その科学技術による解決策を探すための場として発案されました。

世界中からおよそ500人の未来のリーダーたちが筑波研究学園都市に結集し、様々な課題についての議論やディベートを通じてその解決に向けた提案やアクションプランをまとめ、それらを地球・社会・人々へ向けて発信していく。筑波会議はそのプラットフォームとなることを目指しています。

[取り上げる課題の例]
  • Society5.0とSDGsを見据えた先端科学技術分野の研究と
    直面する社会的課題の解決に向けた取組み
  • Society5.0とSDGsを見据えた長命時代の健康、医療、社会システム
  • Society5.0における労働の在り方、労働の意義
  • Society5.0が真に多様性が許容される共生できる社会となるために
  • Society5.0とSDGsを見据えた発展途上国が真に「豊かな社会」となるために - 感染症等の克服

トップページへ戻る